浅草のレストランで美味しい料理を堪能

浅草は観光地として人気がありますが、江戸時代の頃にも多くの人で賑わう活気のある街でした。

江戸文化の発信地でもあり、美味しい料亭や料理屋が軒を連ねていたといわれています。今でも浅草はグルメの町としても知られており、老舗の料亭やレストランが多数あります。浅草のグルメといえば、鰻や天丼、すき焼きなどをイメージする方も多いと思います。江戸前寿司は、昔は江戸っ子達のファーストフードでもありました。和菓子など食べ歩きできるお店も多く、神社を参詣したついでに甘味処に立ち寄るという人も多数います。そんな浅草には、美味しい洋食が食べられるレストランが色々あります。西洋料理が日本に入って来るようになったのは明治時代頃ですが、当時は上流階級に属する人達しか食べることはありませんでした。

しかし、西洋料理の噂は庶民の間にも広まっており、それを食べてみたいという人が増えていきます。浅草は東京きっての繁華街ですから、そういう人達のために西洋料理が楽しめるレストランが次々にオープンしたのです。西洋料理といっても、日本人の口に合うようにアレンジされています。ご飯やお味噌汁などにも合うように改良されました。西洋料理が日本で独自の文化を遂げ、庶民が気軽に楽しめる洋食として定着していきます。今でもビーフシチューやオムライス、ナポリタン等人気の高い料理が、リーズナブルな価格で楽しめます。たまには江戸前寿司ではなく、洋食を満喫するのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *