浅草の雷門近くのホテルに宿泊する際のマナー

東京都の浅草は、雷門などの歴史的な名所をはじめ美味しいグルメスポットも充実しています。

そのため、国内や海外からの観光客の為に雷門近くには色々な種類の宿泊施設があります。浅草雷門のホテルはルームサービスが24時間利用可能なところが多く、洋食から和食、デザートまで食事のメニューも充実しているのが特徴的です。レストランでの食事も魅力的ですが、自分のペースでゆっくりと食事を楽しめるルームサービスは観光客にとって嬉しいサービスといえます。ただ浅草のホテルでルームサービスを利用した際は、食べ終わったものを外へ出す時は必ずナプキンをかけておくことがマナーです。

そもそもホテルの廊下は他の宿泊客も通る場所なので、ナプキンがかかっていないと汚れた食器を見られて不快な気持ちにさせてしまいます。その他にも、浅草雷門近くのホテルに宿泊した際は、使用済みのバスタオルやバスローブなどはまとめてバスタブの中に入れておくこともマナーです。ベッドの上や床などに乱雑に使用済みのバスタオル、バスローブを放置したまま部屋を後にする人も少なくないですが、それだとスタッフがあちこちと探して拾い歩かなくてはいけません。

その点、バスタブにまとめて入れておけば、そのような手間と時間を省略することが可能です。また、洗面台などの水回りがびしょびしょに濡れていたり、髪の毛が落ちたままにしていたりすると印象が良くありません。したがって、簡単に自分で掃除しておくこともマナーです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *