浅草の雷門近くでカプセルホテルを使う際の注意点

東京都の浅草は雷門があるのはもちろん昭和の下町を感じることができる名所であることから、大変人気がある観光地です。

浅草の雷門を訪れるに当たり、少しでも旅費を節約するためにカプセルホテルを利用する人も少なくありません。そもそもカプセルホテルとは、大人1人が休めるくらいの大きさのカプセルで寝る宿泊施設のことです。たくさんの方が訪れる名所なので、浅草雷門付近にあるカプセルホテルは大浴場をはじめサウナなどの入浴施設、テレビや食事スペースなどの設備が充実しています。また、料金も5千円くらいとかなり安いことから、外国の観光客を中心に人気を集めているのです。カプセルホテルは前日や当日のキャンセルが多く空きが常にあるので、飛び入りで宿泊できるのも魅力といえます。居心地よく過ごせるカプセルホテルですが、宿泊する際は他のお客さんに迷惑をかけないようにルールを守ることが大事です。

たとえば、カプセル内は就寝スペースなので一緒に旅行に出かけた友人や家族とカプセル内でお喋りしたり、電話でいつまでも通話したりすることはマナー違反です。ごそごそと話していると、他のお客さんがゆっくりと眠ることができません。さらに、カプセル内での喫煙、飲食なども厳禁です。タバコや食べ物の臭いによって迷惑をかけることになるので、必ず飲食スペースや喫煙スペースで済ませるようにしましょう。また、外を通行する時も静かに歩くことがマナーです。スリッパの歩行音は気になるものなので、他の宿泊客に気を遣いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *